FC2ブログ

作ること

痛み疲れてぼんやりしてる頭に
ふとよぎったのは、痛みに耐えても甲斐がないなあという事。

私にとって物を作る、縫うことは金銭的な面とは別な意味での「生きる糧」で、
その糧を得るためにはせめて起き上がれる体でなくてはならない。
当たり前だけど、当たり前の事がままならない体で糧を得るのは
なかなかハードルが高い。

素材はネットの画面上でなく目で確かめて手で触れて選べばまず失敗はないけれど
問屋さんに赴く体がまず必要で、
その当たり前の行動さえ満足にできない。

ネットショッピングの恩恵は数多くある。
注文した翌日には届いたりする。
問屋さんに覚えてもらう挨拶もお顔出しも不要。
材料はネットで買えばいいじゃん?
それも正解、けれどそうでない部分もあるんだなあ。
銀座の骨董市に行く理由はその中にあったりする。



それにしても以前よりいくらかマシになった病状ではあるけれど、
買い出しと製作のパワー配分はなかなか計算通りにはできない不器用さは相変わらず進歩ないままだ。
作り出す行為にパワーを消費し尽くしてしまうのもあるけど。


積もっていく布と、つのる申し訳なさ。
過ぎる季節。過ぎる流行。
反して湧き出すデザインとアイディア。
また積もる無駄。
色んな申し訳なさ。
布地は黙って待っている。

もったいない。




ーーー











スポンサーサイト

インナーと呼ぶべきか

もうずーっと前から、化繊の衣類で肌がかぶれるようになっちゃってる。

上半身のインナー(ぶらちゃん)なんて、
肩紐、アジャスタ、脇やらなんやらあちこち痒くなるのです。

後ろのホック部分は布が何枚か重なって
ほんの少し厚くなってるじゃん?
背中が、か、か、かゆい…


腹周りのインナー(ぱんつ)の素材は、
きょうび ポリエステル混紡が ごく当たり前。
寒いし薄いし、足のぐるりには必ずストレッチレース。
ストレッチレースが直に肌に当たると
プツプツと、湿疹、腫れ、かゆいしンモーー!。

綿100パーセントのものは 天下のグンゼ様くらいしかお目にかかれない…



なのでここ数年、ふんわり厚めの綿100パーセントニット素材で自分の肌着を縫ってます。
(ぶらちゃんは作れないのでスポーツブラですわよ~。)


◉衣類の性質上、ゴムは必要ですが
皮膚に、絶ッッッ対に化繊のストレッチものが当たらない作り

◉程よく厚みのある接結ニット

◉時にはオーガニックコットン

◉何より自分のお腹のサイズに合わせて作れる


今年は膝上くらいまでの丈のインナーを縫おうと
製図補正中。
キラッキラ、すべすべの補正インナーは
うっとり憧れるけど、、、
ま、仕方ない。




そういや以前、うにくろの温かい(と言われている)インナーも
着て1~2分で、肩や袖の縫い目にピリピリ感を感じてオシャカに…
はうう…







ーー


今日もありがとうございます

ミシン

昨日も今日(あ、もう 一昨日 と 昨日 になるのか)も、雑用で起きる気もおこらず
ほんとにほんとに何もできず…
ストレスは恐ろしい。と主治医は言うけどその通りだなぁ。


ひたすらぐったりした朝から夕方まで。

夫に付き添ってもらい、散歩に出る。
ゆっくり公園の周りを歩いて、スーパーへ。






食への欲求がかけてしまっているので
とりあえずのモノしか、目に行かず…
メニューを考えた買い物ができない。とほほ。


気温、寒暖差が激しいせい?

湿気ていたり、乾燥してカッと暑かったり?
その陽気のせい?






んー…根底は、絶対義父母だ。
「普通はこう(返事等)くるだろう」と
うっかり心を許すと、
全く思っていなかった予想外の打ち返しがある。
脈絡なく。
この脈絡のなさが、この家の人たち。
そしてろくな指示がだせないくせに、
理想をわんわんと膨らませて成金の力に任せて全ての人間が自分のためにお膳立てをすると思ってやまない。
げにめでたき人種…

私は仕事の「合間」には
「休憩」のためのものなんだよねー
ギッボのオートクチュールをやるじかんじゃないんすー




モノを作る人種を し た に 見てるギフボ




とても し つ れ い な 人たち。



自分たちの工場だって、モノを作る下請工場だったのだろうに…あ!だから余計に
「衣類の仕立てが出来る私」のこと、
「仕立てさせてやるよ」って感じで扱うのかなあ、そっかー頼んでおいて高飛車なのは、その概念の歪みかあ。

ま、ほんの、少しの段差?でも上の段に居たい人種なんだね。




それにしても






オードイロー オードイロー コーヒーにギューニュー入れたイロー (それは薄目の茶であろうが、ギッボの頭ン中では黄土色なんだろうなと確認入れたら「そーそーそのコーヒーの色♡(=黄土色)」
ええいめぇぇえんどくせえ!!
実働数日、業者さんに頼み込んでサンプル貰ったよ…
,きょうび、サンプル嫌がるお店(たな)のほうが圧倒的に多い、そこで嫁はまた平身低頭で身が細る…

サンプル配布してません!という店で、えい!ままよ、画面の色での判断だが…かくして、買った。黄土色より上品なキャメルだった。

夫伝書鳩「とても苦労してこの布を探したよ。廃盤だからこの色しかないらしいよ。生地は高品質との事だ、これで良いだろ?」

ギッボ、私に電話開口一番「あのねえ!黒!」
…………オードイロたったのでは…?

ギッボ「黒、いいねえ」
でたよ得意技【会話のボールを勝手に投げつけて拾うこともしない】
私、ポカーン。
ギッボ「だからあ、黒も仕立てて。」



ああああああのなあ!

「オードイロ見つけてくれてありがとう」

ってセリフはないんか?!

「サンプル収集も手数かかったでしょ、ありがとう」
↑ここまて頭が回らないのは分かる。





「スカート仕立てたら仕立て代請求してね」
↑これ、しらばっくれて踏み倒す予感100パーセント。
噴火の準備しておかなきゃ!




しれっと 「ハー、ゴムが緩いわ、まあいいわ贅沢言えないからね♡」

とか言うのも目に見えてるわ。げぇぇぇ…







手に付いた職は




正しい上司のもとで





動かさないと





いくらでも




タダ働きさせられる





ギッボとギッフとヨメの関係は




150年前と大して変わってない。






ーー

義母のスカート


義母から、秋冬もののスカート縫って~と連絡。

「これ、気に入ってるんだけどウエストのとこが傷んじゃって」

渡されたものを見たらあら懐かし、エトワール海渡。
海渡だー と思わず言ったら義母、
「分かるう?(嬉)」。


近所で、エトワール海渡のものが買える店がなくなって
困っているのだそう。

まずはこのエトワールのスカートをお直しすることにした。



「腰が曲がらないからパンツ(ズボン)は履けないし、やっぱりスカートが欲しい、新調してほしい」

すぐにはできないよー、仕事をセーブするように
医師から言われたとこ。
…って言っても、迫った秋に着るものに困ってるんじゃあなぁ…

素材探すか…_(┐「ε:)_



件の 気に入っているスカートは、ポリエステルジョーゼット。

私「秋冬ものだったら、ウール…でも純毛は、重いよ」

義母「そうなんだよね…」


軽くて、あったかくて、洗濯できるのがいいよね?


義母「そう♪」



ヨーロッパ産で探すか~。
シルクが入ると滑りがいいけど、洗濯機ガラガラ回して洗えんし。
やっぱりポリエステルですかね。
市場、コットンリネンは年中花盛りだけど
高齢者向けの服地って、少ないんだよなあ。


ま、探します…




ラップスカートの製図すっか(;ω;)←疲れてる





ーー

今日もありがとうございます

けりぐるみ・布おもちゃ、にゃんこ用


猫ちゃんが使うおもちゃを作ってみました。


らいおん丸ちゃん、アイスだよ~。
しかもダブル!


「むむむ・・・」

201808290802514cb.jpeg






「むむむ・・・?」

2018082823110405e.jpeg



ミシンを踏みすぎて足がつってしまいました。
さすがに危険なので、踏み仕事は中断、
チクチク手に任せて、布のおもちゃを作って一日が終わりました。

20180828230939baf.jpeg


アイス食べたいなー 笑




ーー

今日もありがとうございます
201808290802514cb.jpeg

テーマ : 手作り服&グッズ(ペット)
ジャンル : ペット

sidetitleプロフィールsidetitle

ひつじ

Author:ひつじ
テディベア作家、うさぎグッズ作家。Eテレ「にゃんぼー!」に在宅自作ベア全てが出演しました。飛騨高山テディベアエコビレッジ、那須テディベアミュージアムに蔵収展示。また米テキサスの音楽家のご自宅に展示して頂いております。テディベア及びうさぎグッズ全ての作品に於いて著作権は放棄しておりません。模倣は固くお断り致します。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitlePowered By FC2ブログsidetitle

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ