FC2ブログ

帰ってきた

炎症反応もあり、腹水も溜まってたけど

帰宅できたー

MRIの予約も完了。
デキモノの形によって、手術で除去するかどうか

画像診断の結果を待つことになりました。
ここ半月くらい、食べても白湯を飲んでも

腸が動けば連動して痛い状態だったのですが

今日はかなり痛みが減って(何しろ病院に行けるってのは具合が良い証拠)、

起きていられたのでこの勢いでご飯もウマウマ♪

…と食べたら消化しきれなかったみたいで…とほほ
私の体は、贅沢なものを受け付けない仕様なのだなあ。
ーー
今日もこんな内容ですみませーん!
スポンサーサイト

本日の症状メモ

ここ10日間の症状と、服用した薬の名前と服用時間、その後 薬効あったかどうかなどを
なるべく(意識のあるときに)書き留めておいた。
世間は折悪く祝日があり、そのあとに土日があり…で
ようやっと掛かりつけの婦人科に電話したのだが
今朝、またサイトでの案内が変わっていて
月曜 休診
火曜 休診
水曜 診察あり予約のみ
木曜 休診
金曜 休診
土曜 午前のみ診察
しかも予約は、近々でも電話したその日から一週間後…というシステムになっていた。
今年の11月からこのようになったそう。
うーーん、先生 たすけて
で、悩んだすえに先般ガン検診してもらった病院に行こうと。
行こうと…、、、したが…、、、婦人科は月曜休診ですってえぇぇ……。
明日は夫が出勤の時間をずらしてくれて
(午後から出勤で、規定時間就業し、深夜に終わる) 
午前に私を病院に送って行ってくれる算段がついたので
何とか病院には、たどりつけるはず。
問題は帰り…
痛みが引いてなかったり炎症反応が出てたら
そのまま入院だろうなあ。
とりあえず、仕事は区切りまで終わらせておいて良かった。
ーー
iPhoneからの投稿なので文章全体を見渡せず、
安っぽい報告し終始しておりますが
ご容赦を。
ま、明日無事に病院にたどり着けるか?
もっと大変、一人で歩いて乗り物に乗れるか?
という状態ですが頑張って帰ってきます!
きっとここに帰ってくるからねー

ーー
今日もありがとうございます

きゅうしゅうされたかな


先日の健康診断で腹を押され
(こう書くと先生が悪人みたいに聞こえるけどちゃいます、
画像診断じゃないから押しての触診しかないわけで) 腹内部の癒着が一部剥がれたための腹腔内出血は
た ぶ ん 、はたらく細胞が頑張ってくれて
腹内に救出された模様です。


急遽運ばれたエコーでも影が映っていて
このままレントゲンで確認かな…?
とも思ったけど、結局車椅子で残りの検査部屋を巡ったのでした。

健康診断「だけ」だから診察には回さないんだろなー、
病院にもよるのだろうけど。



まあ、あらかた吸収
されたかな、って自覚です。
ハラの張りも治まってきたし
風呂に入っても水圧で腹痛いーー!ってならなかったし、
普通の気圧に耐えられる程度なので
こんなんで仕事を休んでいられません。


ダブルワークの一つなのですが、
区切りのある種類なのでモチベーションも出ます。



ーー







自由律短歌

蛇になり
勝ち虫になり
この世に
しがみつく父と
来ない母さん





納棺の夜、蛇になり東京の夜道まで追いかけてきて私の前を這い、
秋にはトンボになって私に留まった父。
母は全く来ない。




ーー

俯瞰

辛いとき、怒りに震えているとき、怒りレベルに達しそうなイライラが積重しているときに
効果的な、自己コントロールの方法がある。



その時の自分を俯瞰で見るんだ。


もう一人の自分を、当事者である自分の2〜3メートル斜め上に浮遊させて
そこから見下ろすのだ。

ほほう自分、怒ってるな。とか
イライラが爆発する寸前だなとか、客観的に傍観するんである。
そして客観的傍観の思考を、「床の上で実際にイライラしている自分」に差し戻す。


差し戻された 本体ともいえる自分は、
俯瞰的傍観者の自分からの客観的事実を情報として受け入れ、
よって自分は自分が怒りに陥っていることに気付く。
そしてわたしのアンガーマネジメントが成立する。




私が苦手なのは「つらさ」からの脱却。
仕事を断りきれずに受けてしまい身を削る、
心の「つらさ」。そして制作のタイムスケジュールがタイトになる、「身体的つらさ(疲れ)」もセット。

これらを浮遊したもう一人の自分が「実際に辛い様子の自分」を俯瞰して「ああ、辛そうだな」と、
認めてあげる心の作業を練習中。



自分を二人持つことは、自己コントロールする上で
中々 役に立つスキルなんじゃないか、
自分に合った自己コントロールだなと思っている。




ーー

今日もありがとうございます


ーー

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

sidetitleプロフィールsidetitle

ひつじ

Author:ひつじ
テディベア作家、うさぎグッズ作家。Eテレ「にゃんぼー!」に在宅自作ベア全てが出演しました。飛騨高山テディベアエコビレッジ、那須テディベアミュージアムに蔵収展示。また米テキサスの音楽家のご自宅に展示して頂いております。テディベア及びうさぎグッズ全ての作品に於いて著作権は放棄しておりません。模倣は固くお断り致します。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitlePowered By FC2ブログsidetitle

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ