リバーシブルキャリーカバー

図案 描いとります。





うちは、図案をなぞってくれるコンピュータみしんではないので

ひと針進んでは押さえ金をあげての

超あなろぐ縫い進みでちまちまとステッチを描きます。


図案も、毎回違います。

デジタルに残す気力がないのと(苦笑)

いつも同じじゃ、つまらないのと

デジタル記録を引っ張り出すより

手描きしたほうが、楽しいから。





ーーーー

芦屋 月兎さんからの着信が鳴ると息子は

「白い子、産まれたのかな?!!」と。


「お母さんが選んだ子なら、何色でもいいんだ。」

とも言っています。


近所のペットショップやホームセンターを訪ねたり
里親募集サイトを見たり、専門店のサイトを見たり。

悲しみの底に沈んでいた我が家ですが、
根雪が融解するように
思い出が優しい湯気になってきました。


なんと、とうがらしくん(夫) の気持ちも溶けてきたんだ!

お別れはつらいけど、昼間 一人で寂しいのも分かるよ…と言ってくれました。



芦屋 月兎さんが近くなら、毎日でも通っちゃうんだけどなあ。

げっとさんち、白っぽい子、いますか…?


店長さん「ひつじさんが白い子白い子言うから、黒い子がたくさん生まれてますよ(笑)」



さて、どんな出会いがあるのでしょう。

"その時 " をまっている、ひつじ家です。







いつもありがとうございます(❁´◡`❁)
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ひつじ

Author:ひつじ
縫い物、編み物がすきです。テディベアは飛騨高山テディベアエコビレッジや那須テディベアミュージアムのコンペで入賞した子は各美術館に蔵収展示、また米テキサスの音楽家のご自宅に展示して頂いております。テディベア及びうさぎグッズ全ての作品に於いて著作権は放棄しておりません。模倣は固くお断り致します

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitlePowered By FC2ブログsidetitle

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ