ひつじにっき

ようこそお出でくださいました。手仕事が好きです。作品は http://ashiya-get.com/「芦屋月兎 プラス」さんでお求めいただけます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背中

渡されたタイスケ(タイムスケジュール) によると今、

招集開始時間。


大会の度に自己ベストを更新している息子。

しかしいかんせん、小さい体。
比べても背が伸びるわけじゃないのに
2年ほどの成長の遅れは
何歳になっても、遅れたまま。
本人もよくわかってる。

身長さえ標準ならば、やすやすと通過できるタイム…
一歩が10センチ違うならば
五歩で50センチの差がついてしまう。
50センチの距離を縮めるためには…

毎晩記録を書き、自分に足りないところは何か
(ゲームなんかもどっぷりだけどね)
理論的に分析している。
そしてたどり着くのは やはり体が小さいということ。


当たり負けもするし、目前や左右に大きな肩が揺れて揉まれながらのレースは
毎度苦しかろう。



レースの日は背中をさすって送り出す。


赤ん坊の頃

この手のひらの面積と同じだった背中。


変わらないのは、あの頃も今も、ほかほか温かいということ。








ーーーーー

今日もありがとうございます



ーーーー

追記

十数人の中で7位だった由。
総エントリーは100人くらいかな。
タイムによって大きな大会への出場権が決まるので 総合順位は出ない。

「オレの組の 一位の人でも、都大会に届かないタイムだった」。と肩を落としていました。

いつの間にか眠っている息子の周りを、
らいおん丸がくるくる跳ねていました。






ーーー



スポンサーサイト

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

天気予報 ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。