ひつじにっき

ようこそお出でくださいました。手仕事が好きです。作品は http://ashiya-get.com/「芦屋月兎 プラス」さんでお求めいただけます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブンちゃん大好き

長年 いつも病院と縁の切れない私ですが
当時 遠い病院に通っていて
高度治療のストレスも溜まり
経過は暗闇に向かっているばかりで


親も私の病状を認めず 説明しても空しく
治療に専念できず
ただ ただ「ふつうの人になりたい」ために治療していた感じ。
でも「普通じゃない」「(効果がでないのは)おかしいな」
と医師に言われたり
とにかくダークでした。


私はネットに浸りました。


毎晩 深夜までネット徘徊していました。暗い気持ちで。
治療に立ち向かう強い気持ちを持たなければと自分を奮い立たせる自分に、
本人が疲れていました。




そんな時 出会ったのが ちずさんが綴る、セブンちゃんとのあたたかな日常でした。
私はちずさんの文章と
セブンちゃんの写真にひかれ、
何度も何度も見るようになりました。
ほんとうはあたたかい気持ちになりたい。
たたかう気持ちじゃなくて。
と気づきました。


自分の治療費を捻出するのが精一杯で
会社員時代の貯金を取り崩す生活において
動物を迎えるなんて、ぜったいに無理だと思っていて
夢見ることも封じてきました。



当時 もうおひとかたのブログと ちずさんのブログを読んでは
笑ったり「カワイイ」と声に出したり。
お二人のブログは、かちんこちんになった私の心の中に




いつかは

あたたかくて ちいさくて やわらかいものと暮らしたいな…

という思いを芽生えさせてくれたのでした。








「小動物」という言葉そのものの、ちいさくてふわふわの体で
13年。
すばらしいと思います。
「生きる」という確固たる意思を持って
ちずさんと、ご家族と、暮らしてきたのだと思います。


大切なことを たくさんセブンちゃんから教えてもらいました。

お礼の言葉も書き尽くせません。

私の、新しい人生をひらいてくれたセブンちゃんとちずさん。

これからも ずっとずっと大好きです。


スポンサーサイト

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

天気予報 ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。