男児 晴れ着

美しい織り柄、青竹です。



私は、袴のひだは
男性の正装、「仙台平」をイメージしています。

でも 晴れの雰囲気をだすために
ドカーンと飾り帯をつけちゃうんだけどね(笑)



半衿などなど。



身頃の裏も 年代ものです。
これは昭和30~40年代ころのシボ加工した綿。




飾り帯、大まかに形づくったところ。





完成です!

サイズ Lの長尺(ながじゃく)
neck(首) …22~25cm
chest(胴、おなか)…36~41cm
総丈…約20cm



身頃と帯…昭和30~40年代の緞子
身頃の裏…昭和30~40年代の綿プリント
袴…絹 / 銀座骨董市にて買い付け素材
袴の裏…絹、柄地 / 同上





身頃の柄は 晴れの日にふさわしい
おめでたい桐の木です。



芦屋月兎プラスさんに、12月中旬にお届けします

お問い合わせ・ご予約は、芦屋月兎プラスさんにお願いいたします。




ーー
明日から冬将軍がくるそうで。。
みなさま、どうぞお大事に。
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ひつじ

Author:ひつじ
テディベア作家、うさぎグッズ作家。Eテレ「にゃんぼー!」に在宅自作ベア全てが出演しました。飛騨高山テディベアエコビレッジ、那須テディベアミュージアムに蔵収展示。また米テキサスの音楽家のご自宅に展示して頂いております。テディベア及びうさぎグッズ全ての作品に於いて著作権は放棄しておりません。模倣は固くお断り致します。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitlePowered By FC2ブログsidetitle

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ