十二単


お着物の裾は、つぶしすぎずふんわりと…




様子を見ながら軽くプレスして、
この後 含み綿(ふくみわた)を詰める予定です。


洋裁では、ビシッとプレスする事が求められる箇所がほとんどですが
和裁では「きせ」をかける等、
どこまでも奥ゆかしく仕立てることが肝要で…


本当に奥が深くて難しく、楽しい旅をしているよう。




裾に わたを含ませて、裏側を見て所々わたを糸で留め、
落ち着かせます。

針が立ってるの、見えるかな~?




わ~フカフカ~ って指でぷにぷに触るくらいの力であれば、
30年くらいは ふんわりしてると思います(笑)。

m(_ _)mこの作品は非売品ですm(_ _)m





今日もご覧いただき ありがとうございます。


ーー
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ひつじ

Author:ひつじ
テディベア作家、うさぎグッズ作家。Eテレ「にゃんぼー!」に在宅自作ベア全てが出演しました。飛騨高山テディベアエコビレッジ、那須テディベアミュージアムに蔵収展示。また米テキサスの音楽家のご自宅に展示して頂いております。テディベア及びうさぎグッズ全ての作品に於いて著作権は放棄しておりません。模倣は固くお断り致します。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitlePowered By FC2ブログsidetitle

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ