ひつじにっき

ようこそお出でくださいました。手仕事が好きです。作品は http://ashiya-get.com/「芦屋月兎 プラス」さんでお求めいただけます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十二単


お着物の裾は、つぶしすぎずふんわりと…




様子を見ながら軽くプレスして、
この後 含み綿(ふくみわた)を詰める予定です。


洋裁では、ビシッとプレスする事が求められる箇所がほとんどですが
和裁では「きせ」をかける等、
どこまでも奥ゆかしく仕立てることが肝要で…


本当に奥が深くて難しく、楽しい旅をしているよう。




裾に わたを含ませて、裏側を見て所々わたを糸で留め、
落ち着かせます。

針が立ってるの、見えるかな~?




わ~フカフカ~ って指でぷにぷに触るくらいの力であれば、
30年くらいは ふんわりしてると思います(笑)。

m(_ _)mこの作品は非売品ですm(_ _)m





今日もご覧いただき ありがとうございます。


ーー
スポンサーサイト

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

天気予報 ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。