FC2ブログ

長毛テディうさぎ

佳境に入ってきました。



このボディは、胸の位置に白色の切り替え模様があります。
白色部分の素材は 胸の切り替え·顔の鼻の上
共に、アルパカです。
マットな発色と、
モヘアより更に柔らかい手ざわりが
気に入っています。

IMG_2490.jpg




私は、テディベアもうさんぽハーネスもうさぎのインテリア雑貨もバッグも、
すべて自分でデザイン·製図してパターンを起こしています。

2007年 と記された、耳の長いこの子のパターン(型紙)。
10年前。うささんとの暮らしが始まった年です。

初代うさ、ぽぽちゃん(男子)がいました。

今は様々な容姿のうささんが日本にもいて
そして驚くほど豊かな個性をもった動物なんだ、
という事を ほんの少しずつ知り始めたころ。


IMG_2491.jpg


パターンを入れた袋には「アメリカンファジー」
と自筆のメモがありました。
うさぎの世界への扉が開いて、
目に耳に飛び込んできたうささん達に
こころを踊らせ、
その姿を 「5(ファイブ)ジョイント」で現そうと
夢中になっていた事を
かすかに思い出しました。


でも このガセット(顔の中心、ひたい、後頭部までのパーツ)の毛足のチョイス、
微妙かな、今こうして見ると(笑)。




IMG_2492.jpg

長い毛足。
アンゴラヤギの毛 100パーセントの素材です。

耳も、却って毛足が長すぎ?(笑)
アンゴラうさぎの印象が
含まれていたのかなあ。



あぁ、
ご依頼をとぎれなく頂くことに感謝しつつ
その作品制作に明け暮れていた自分に疲れて、
この気もちでは良い作品をお届けするのは
やめたほうがいい。

って思っていたような…、そう……、そうだった………。





「今回(2007年)は、
現存する実際のうささんをリアルに再現することから
すこし離れてみよう、
自由に、こんな子もいるかも、
なんだか ちょっと 
"ふつう" とは "ちがう" ベア(うささん)が
家にいるのも、
良い気もちだろうなぁ」

と、ふわふわした世界を自由に創作したい、
そんなふうに切望していましたっけ。





IMG_2493.jpg

おかえり。







ーーーー

お出で頂きありがとうございます。

ーーー
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ひつじ

Author:ひつじ
テディベア作家、うさぎグッズ作家。Eテレ「にゃんぼー!」に在宅自作ベア全てが出演しました。飛騨高山テディベアエコビレッジ、那須テディベアミュージアムに蔵収展示。また米テキサスの音楽家のご自宅に展示して頂いております。テディベア及びうさぎグッズ全ての作品に於いて著作権は放棄しておりません。模倣は固くお断り致します。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitlePowered By FC2ブログsidetitle

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ