FC2ブログ

病院




病院に行くと、実母の末期のことをありありと思い出してしまって
どうしても気持ちが塞がってしまいます。
行きたくない。









義父を、大きな病院に連れて行かなければならなくなり、
義父は自分が、いかにラッキーだったか、
自分が世話になる病院がいかに有名であるか
エンドレスで自慢するのです。
そうですね。って、聞き流すのが一番よいのです。
でも、その自慢の末(まつ)に必ず私の実母との比べっこを話さないと
マウンティングが終わらないのです。








「それにしてもあんたんちは不幸だった。不運だった。運がなかったんだな。どうしょもない(義父は どうしょもない と発音する。)こればっかりは。そこへくるとオイラはさあ、これは運だな、運がいいんだな、〇〇大学ってったらさいこうでしょう?!!??!!でしょう?!!?!!」
すごいですねパチパチ ってしないとこの大声が続くのです…





つらい。
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ひつじ

Author:ひつじ
テディベア作家、うさぎグッズ作家。Eテレ「にゃんぼー!」に在宅自作ベア全てが出演しました。飛騨高山テディベアエコビレッジ、那須テディベアミュージアムに蔵収展示。また米テキサスの音楽家のご自宅に展示して頂いております。テディベア及びうさぎグッズ全ての作品に於いて著作権は放棄しておりません。模倣は固くお断り致します。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitlePowered By FC2ブログsidetitle

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ