ひつじにっき

ようこそお出でくださいました。手仕事が好きです。作品は http://ashiya-get.com/「芦屋月兎 プラス」さんでお求めいただけます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

担任の言動は不信感を募らせるばかり。

昨日も、先生に言いくるめられて

こぐまが「殴った」ことになってしまったそうです。

けんかの当事者でもなく、たまたま居合わせただけなのに・・

教室内で揉めていれば、多くの子供が

『居合わせる』ことになると思う。

離れると言ったって、せいぜい数メートルの教室なんだから。



××は、●君と揉めている最中(決闘だ! と言い合ってたらしい。)

突然 ●君と離れ、息子のところにやってきて殴ったそうです。


そのことを見ていた数人のクラスメイトも

もちろん息子本人も、ありのままを説明したのに



担任は


「先に殴ったのはお前(こぐま) だろう。違うのか、違うのか、

××君は先に手を出す子じゃない。

おかしいなぁ。覚えてないだけで、お前が先に手を出したんじゃないの?」


と言い続けて収集がつかなかったそうだ。



「じゃあ それでいいです。覚えてないけど」

と折れた由。


担任「やっぱりね。はい、この件はこれで終わりね」

だと~~~! !


そーですか、××君は先に手を出さない子なんですか。

では C君と××君が喧嘩した時、

遠くに座っていたこぐまに対し

××(もう言い捨てにしちゃう! ) がハサミを持って襲ってきたのは

なぜでしょうねーーー?


第一、松葉杖ついてる息子が人に殴かかるのって、土台無理なんじゃ・・・






息子は「なんでいつも俺のせいにしようとするんだろう。

やってません って言ってんのに。

みんなも、違いますって言ってんのに」



"コイツハ ツヨクイエバ オレル" って思われてるんだ・・とは
とても言えませんでした・・・




「絶対、学校には言わないで。先生に仕返しされたら

オレ、もたない」



そうだけど・・・・そうだけどさ・・・! !






しばらく沈黙ののち

「やっぱ、オレ、いない方がいいんじゃん・・・?」

と言うので


「バカタレ。さいごまで一緒にいるから。

飛び降りたくなったら母に言え」

 

息子「なんで一緒にいてくれるの?」



私「あいしてるからに決まってんじゃん! ! 」

息子、泣く。

あと10か月の我慢だ。とにかく息子を支えたい。

去年一年間、こんなことの繰り返しだった。
また始まるのか・・真っ暗な日々が・・


学校に働きかけても最終的には
「気にしすぎ」
「家庭に" 何か" があるのが原因で、子供(こぐま) の人格がこうなってしまったのでは」
「見て見ぬふりができるようになるといい」
という形で逃げられて、おしまい、
しこりと、無力感だけが残る。

相手の児童を「呼び出して怒る」だけ。こんなの指導じゃないよね。
だから相手の児童は、「あいつのせいで、俺が怒られた」と
こちらを憎むという悪循環。


担任に関しては

地雷を踏んでしまったようなものだ。


悲しい。
スポンサーサイト

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

天気予報 ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。