ひつじにっき

ようこそお出でくださいました。手仕事が好きです。作品は http://ashiya-get.com/「芦屋月兎 プラス」さんでお求めいただけます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さんすう

ゆうべは、こぐまがミシン部屋に来て
ここでさんすうをやっていいかと聞く。

テーブル揺れるよ。でもいいらしい。

そのうち、分からないのなんの、一緒にやってくれと言う。

どれどれと見れば何の事は無い
分からないのではなく、面倒なだけ。

ミシンの上に"粘土板(ねんどばん…なんでここにあるの~) " を下敷きがわりに、母もさんすう。

そのうち計算速度競争になり。。。。

1.568×9と7分の2は!

1000分の1568 かける7分の65!

約分! 約分! まだ割れる!

オレも! 割った! 斜めにも!

待てっ いくつで割れるんだ?

オレ、もう帯分数タイム! いぇ~~ぃ

負けるかぁぁぁぁ!

次! カッコ8!


・・・・

・・・・



気付けば日付が変わってました・・・


30年以上前の脳みそで「少数と分数のかけざん」。とほほ



お母さん、次から楽勝だよ

分数のひきざんだから。




うぅ、まだあるのか・・・

よし勝負。



仕事から帰って、あっけにとられるとうがらしくん。
私たちをたたえて ジュースとビールを買ってきました(笑)



とうがらしくんの弁

こぐま、お母さんはすげえな。30年たった頭で、お前と勝負になるんだから。

こういうのを諺で、昔とったーーーーー






狐 塚! !










字も違うし、意味も違います!

明日は国語やるか?



スポンサーサイト

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

天気予報 ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。