ひつじにっき

ようこそお出でくださいました。手仕事が好きです。作品は http://ashiya-get.com/「芦屋月兎 プラス」さんでお求めいただけます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こぐま語録

寒くなってくると、足のしんけいつうがビリビリ(´Д`)
腎臓もズキズキ(´Д`)
ミシンを踏むのもままならなくて、もんもんとしちゃう。

母やら妻って、なんで

「いつも太陽のように明るく! 」
「あなたは家庭の中心ですよ! あたたかい笑顔を絶やさずに!」とか
「お母さんが暗い顔をしていると、子供もそうなりますよ! 」
「何があってもドンとかまえて! 」とか課されるんだろ。


ドンと構えるってなんだ?
何でも、お母さんが解決してあげるよ! 任せとけ! みたいなこと?
そんなの無理だっての・・


年がら年中、明るく朗らかでなくちゃ。
って役所(子育て相談系)や学校は 定義づけるけど
妻だって母だって、疲れる時はあるわい。
薬の効かない痛みがわいて、耐えるのに精一杯だよ。

先の事を見ようとすれはするほど見えなくなって、
そんなんでニコニコなんて できないわ。


笑顔も作るもんなのかなぁ?
作ってればいつの間にか、ほんとの笑顔になるんだろか?
いや、私は無理・・・


という伏線があり

寝る前の布団のなかで「イテテ。。。ウゥ」と、つい
うめいたついでに
息子と、そんな話になったんでした。


んー

だってさ

主役が、くらい顔してたら

周りの 草の役とか、木とか 岩の役でもいいよ、そういう人たちも

たのしく 劇 できないじゃん

たのしい 劇に ならないよ

みてる 人も たのしくないし

だから 主役は 明るく演じてほしい

ってことなんじゃないのかなー

お母さん しゅやくなんだよ



げんきだして!

あした お母さん 主役なんでしょ?

楽しいこと あるじゃん!








明るいかーさんを演じるのも・・・必要なのかもね






「あした」は、iPhoneが来る日です。笑
スポンサーサイト

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

天気予報 ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。