織りキズ。



昭和時代の緞子。

写真

反物をくるっと広げて、ここぞという柄を切り抜いて使います。

あーーー、織りキズ発見。もったいなや。。。




写真

裁ったようす。

裏打ちは、昭和30~40年代の堅牢染めの綿を使用しています。

デッドストックで、大きさも限られています。

味わいのある色々な柄がありますが

晴れ着一着分がようやっととれるサイズしか手元にありませんので

全て、一点物となります。




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ひつじ

Author:ひつじ
縫い物、編み物がすきです。テディベアは飛騨高山テディベアエコビレッジや那須テディベアミュージアムのコンペで入賞した子は各美術館に蔵収展示、また米テキサスの音楽家のご自宅に展示して頂いております。テディベア及びうさぎグッズ全ての作品に於いて著作権は放棄しておりません。模倣は固くお断り致します

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitlePowered By FC2ブログsidetitle

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ