ひつじにっき

ようこそお出でくださいました。手仕事が好きです。作品は http://ashiya-get.com/「芦屋月兎 プラス」さんでお求めいただけます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みすやさん

一生のうち一度でいいから行きたいと
心に秘めていたこと。

京都の「みすや針」さんに行きたい。


サイトはきっとあるでしょう、見たら買いたくなるでしょう。
webでなく 実際に出かけて、見て、さわって、選びたかったの。
だからサイトも見たことなかったんです。


あと、以前買った針(鳳凰っていうものだった) が沢山残っていて
これをきっちり使い切らないと、鳳凰針に申し訳ない
とも思ってた。


「その時」が来たのです・・♪



みすやさんのいりぐちは 商店街のなかの路地

100番糸くらい 細い路地

この先 入っていいのかな おじゃましますって思う路地


あっ
灯りが立っている

その奥には 茶釜

mis3.jpg


表通りの賑やかさとのあいだに、まさに「御簾」がかかっているよう。

中庭の飛び石を じわりじわりと踏むごとに、タイムスリップしていきます。

お店に入るまでの数歩で、すっかり「縫い子」になりました。


mis2.jpg



こんばんは。

写真


明治の万博に出品したというお針(実物) も展示されています。

今はなかなか見つけられない、指貫用の皮もありました!

うぅ、うれしい。

子供の頃から使ってたの。これこれ、これよ。




かわいらしいお稲荷さんのお堂もありました。

上達を願ってお参りしてきました。




夢が叶った。 ありがとうございます

mi1.jpg

たまには二足歩行もするよ(笑)




スポンサーサイト

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

天気予報 ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。