ひつじにっき

ようこそお出でくださいました。手仕事が好きです。作品は http://ashiya-get.com/「芦屋月兎 プラス」さんでお求めいただけます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こぐま語録

こ「お母さん、俺って






哺乳類??」







ほ に ゅ う し て た で し ょ




こ「ヘソあるもんねぇ。

俺、うさぎのヘソ見たことあるよ」



えっ。いつどこ?




「iPadで調べた。載ってた」






調べたんか… 気になってたのね…w




あ、体重1750ぽよだった! ちょっとやせて、ベスト範囲。


ーーー以下、ボランティア活動にご理解いただける方にお読み頂けましたら幸いです。ーーー
ーーーご同意でない方は申し訳ありませんがどうぞスルーしてくださいますか。
よろしくお願いいたします。ーーー





「ほんとにごめん。ごめんね。」という言葉とともに、
仙台在住の大切な友人がボランティア活動を再開します。


一生に一度の、何十年ものローンを組んで大きな買い物をしたとします。
「がれき」とよばれるものと、借金が残ったとします。がれきさえ残らないケースも数知れずあるはず・・・

でも生きていく。
日は暮れるし、朝日はのぼるし、腹が減る。
残った借金とともにだって、生きてかなきゃならないんだよね。
私はそう想像しています。

生きるには
物資、おかね、どうしても必要なものがあります。
そう、想像します。


しかし
自分ひとりが、数百円の送金しても儚すぎるのでは。
定期的にまとまった額を送金しなければ、受け取るほうだってめどが立てられないのでは。
そう思っていました。


ここ数ヶ月悩みつつ、聞けませんでした。
だってあまりにも身勝手だとおもって・・・
「今はこれこれの応援ができるけど、あとはいつになるか当てにしないで」
って突きつけているようで。

この私の想像は、間違いでした。




思いきって、ほんとに意を決して、聞いてみました。
「定期的にできない。毎月は、私もくるしい。申し訳ない。それでもいいのだろうか」と。

返事はこうでした。
友人の言葉の、ごく一部を紹介させてください。


「支援金はみなさん単発で送ってくれていて、定期的という人はほとんどいないの。
だから送っていただけるのならいくらでも、1回だけでも助かります。
決して大げさに考えず、500円でも1000円でもお気持ちを送っていただけると、
傷ついている方々がなぐさめられます。」


友人は、「またみんなにプレッシャーをかけてしまう」
と打ち明けてくれました。。。




全員を助ける事はできないってのは、木っ端な私でも想像できます。
でも、目の前で もしよろけた方がいたら、支えるのは人間の本能なのかなと。
私は、自分の「人間としての本能」に従う事にしました。
自分も共倒れになっては揃って怪我しちゃうので
自爆しないように自重しながら、ボランティアの資金を送金することにいたしました。

今日から。
ハーネスやうさグッズの売り上げの一部
(芦屋げっとさんに作品をお届けしたことで頂く、代金の一部) を
仙台で孤軍奮闘する愛する畏友「かじはら かおる」さんに送ります。
去年の今頃、みなさまにご賛同頂いて集まった資金をお送りしたブログ「かおる亭」のおかあさん筆者です。


かおるさんね、ボランティアに奔走できるような体じゃないんです。
でもご自身にむち打つような(ホントニ) 状態で、
ご家族と一緒に、日々、活動しています。
本業はピアノの(オニ) 先生だよ。かおるさんのモーツァルト聞くと涙腺決壊しちゃうんだ。(コワイカラジャナイヨ)


長くなっちゃった。
これからは、HIROMI WORLDグッズのひと針ひと針に、東北への思いをこめます。
ご購入頂いたみなさまのこころと共に送金させていただきます。


もし、趣旨に賛同頂けて、個人的にかおるさんへの支援をお考えの方がいらっしゃいましたら
かおるさんに直接kabo518@jcom.home.ne.jpご連絡いただけますか。
次の文章を。どうぞお使いください!!

(ご本名と、連絡先をお書きになり、)
「神谷弘美のブログから来ました。支援できます。詳細を教えてください。」
これだけで大丈夫です。


この記事はtwitter、ブログ、などなどりんくフリーです。


お読み頂き、誠にありがとうございました。


神谷 弘美










スポンサーサイト

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

天気予報 ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。