ひつじにっき

ようこそお出でくださいました。手仕事が好きです。作品は http://ashiya-get.com/「芦屋月兎 プラス」さんでお求めいただけます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男の子の、端午の節句のお祝いをつくってます。





シコロを作ってるとこ。

バイアステープを伸ばさずに作る理由は、

あとから形づくるためです。

Rを付けるとき、 "織り糸に余白" があると綺麗にできます。



ほい、曲がってキープ。(アイロンでくせ付けをします)




シコロの裏打ちには絹を使いました。

縁に、黒が出てもかっこいいなあ。
楽しい悩み。




ラメ糸を「よ」って…太くしよう。




よる = より合わせる の意です。

裁縫屋独特の言葉でしょうか?私の訛りかなぁ。

よっちゃって… とか
よって使う とか言います。

「なう」とも違うんだよね。
なう は、綱、縄を作るときの言葉。縄をなう、なんて今の人は言わないか。。






お楽しみ頂ければ幸いです。
スポンサーサイト

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

天気予報 ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。