今朝もいつも通り

アラームなしで、目覚め。
昨日は足が上に上がってしまう・頭をひねりながらどこまでも倒れこむ感覚と悪心が延々と続き、
ちらとでもフリースタイル競技が目に入ったから
酔っちゃったのかな?と
自分にツッコミ入れて、床に入った。


そしてアラームなしで目覚め。
やるじゃん、自分。


家事と仕事を粛々とこなす。

ベランダには陽光。



街をワンブロック歩こう。




門を開いてくださってるお寺さん。




わたし 歩けるようになりました。
ありがとうございます。
姉、姪、甥、息子、義兄に続いている
具体的な厄難、
全ての厄難をわたしにください。
わたしはぜったい大丈夫です。


と話した。


空は、すずやかに私にお返事をくれた。



よい香りがしている。








ーー

なにしろ 体の疼痛があるのが "ふつう" なのでね、痛み慣れしてるの。うひ





ーー
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 心と身体

やばばば

自分の住まいに帰宅し、
山積している仕事に取り組めるのが楽しくて
ついついハイペースでミシンを踏んだ。

一週間で仕上げる分量を、3日で済ませれば
残りの4日間は母の元へ行ける。


実は先日、母を救急搬送してもらった。
家で看取る という選択をした私たちきょうだいであったが、
何が正解で 何が母のためなのか
正直、分からない。

往診に来てくれた医師(看取り分野にも精通している)の
アドバイスを受け、医師の前で きょうだい会議。
私は案の定叱られ(笑)、
そして沈黙は充分すぎる議論であった。


ーーー






私の仕事、針仕事は
私が呼吸するために必要な動作。
一旦帰京した私は、大いに深呼吸を続けた。



……腎臓痛と ざこつしんけいつう、勃発 とほほ。

動けないじゃん、やばばばばーー。
朝からトラムセット必要。






ーー

今日も 会いたい



ーー

テーマ :
ジャンル : 心と身体

ここはどこ

いつもの時間、夜明け前に目覚め。

「おはよ〜 今日も 会えたね」

と、母を覗き込む。
ふふふ、らいおん丸にも毎朝、この声かけをしているんだよね。




あれ……?

母のベッドが ない……?
車が行き交う音がする…


あ、ここ、自分の家だ。



ってことは、あぁ、今日は 燃えるゴミの日で、

えっと、朝ごはんは健常者のものを作るんだ。

あ、夫は

「あなたは疲れてるだろう、朝は俺、
適当に出て(出勤)いくから ゆっくり寝てな」

って ゆうべ、言ってた。

そうそう、それで私

「おやすみ また明日ね」

って 夫と 息子と らいおん丸に声かけして、寝たんだったっけ。



まぶたを閉じた病床の母に、
「お母さん 眠いんだね。わたしも 寝ていい?」
と声をかけると

「イヤ」

と、声を振り絞る。



姉が「ひつじちゃんが壊れちゃう」
って、
母に言い聞かせてた。


母は
「ひつじちゃんが いい」

「ひつじちゃん は 怒らない からーーー」




お母さんあのね、おねーちゃんは 怒ってないよ。
みんなのこと 心配してくれてるんだよ。


「そっか……怒って ないん? よかった

……ひつじちゃん

南の 雨戸 閉めて きて くれる?

つぎは 東 ね、 つぎは 奥の ろうか の 南……、」


「首の うしろ …い た い」


「ひつじちゃん そろそろ

お風呂 つくって くれるかな?」



2〜3分ごとに、昼夜分かたず 。




うん分かった。雨戸、閉めてくるね。
私はそう言って、仕事のため 東京に帰って来たんだった。






ーー

今日もご覧いただきありがとうございます

テーマ :
ジャンル : 心と身体

笑う

きょうだい3人で、母のベッドを囲む。

ト イ レ に い き た い

聞こえるよ。分かるよ。行こう。


3人で そろりそろり、母の体を起こす。

お兄ちゃん、手を取って。

オーライ オーライ、あと50センチで カーブでえぇす。

皆で笑いながら、進む。



笑いながら、ベッドに帰る。




兄が優しく言う、

「またくるね。ね。また、くるから。うん?何だい?」


私が通訳する。帰らないで って言ってるよ、
帰る前に また来て〜 だって。


「そこまで言ってるかあ?」兄も姉も笑う。母も笑う。



笑う。





ーー










テーマ :
ジャンル : 心と身体

渇き

ミキサー食、ゼリー、水、 飲み込めない。


補水液30cc、
りんごをミキサー→二度濾し→小さなスプーンで何度も飲めた。嬉しい。

YESはまばたき一回、NOは瞬き二回で、 と姉にコツを伝える。
私自身が、まばたきしかできなかった時にそうしていた。
唇を動かすのはとても無理、
まして声を発しようとするなんて
疼痛で縛り付けられる感覚。
動かせるのは まぶただけ、だもんね。


往診の先生、看護師さん3名来訪。


ーーー

テーマ :
ジャンル : 心と身体

sidetitleプロフィールsidetitle

ひつじ

Author:ひつじ
テディベア作家、うさぎグッズ作家。Eテレ「にゃんぼー!」に在宅自作ベア全てが出演しました。飛騨高山テディベアエコビレッジ、那須テディベアミュージアムに蔵収展示。また米テキサスの音楽家のご自宅に展示して頂いております。テディベア及びうさぎグッズ全ての作品に於いて著作権は放棄しておりません。模倣は固くお断り致します。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitlePowered By FC2ブログsidetitle

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ